保証ファクタリングのメリット・デメリット

subpage01

ファクタリングは、大きく買取型と保証型の2つのタイプに分類されますが、一般的にファクタリングと言う場合は、売掛債権を譲渡することで資金調達する買取型のことを指します。

一方の保証型は、利用者が保有している売掛債権に保険をかけることで取引先の貸し倒れリスクを回避するためのサービスとなります。


保証型ファクタリングでは、取引先の倒産などによって売掛金の回収が不可能となった場合、契約の範囲内で保証金を受け取ることが可能です。

こちらのファクタリングのクチコミ情報を求めています。

そのため、取引先の貸し倒れのリスクを回避できるのが保証型の最大のメリットとなりますが、与信管理を外注化できるというメリットもあります。


保証型を利用すると、ファクタリング会社が取引先の与信審査を行ってくれますし、そもそも取引先が倒産しても売掛金を保証してくれます。
つまり、取引先の与信管理業務を実質的に外注化できるということであり、業務コストを削減できます。一方で、保証型ファクタリングにもデメリットが存在します。

まず、保証型は、売掛金の回収が不可能となった場合のみ保証を受けられるサービスであることです。


例えば、売り金の支払いが遅れているだけでは保証を受けられない可能性が高いため注意が必要です。

また、当然ながら利用するためには保証料を支払う必要があります。
一般的な保証料としては2~8%程度とされていますが、取引先の信用力の高い場合は安く利用することが可能です。

加えて、取引先の信用力が著しく低い場合は利用を断られる可能性があります。



そのため、必ずしも全ての売掛債権で利用できるわけではないというデメリットがあることを念頭に置いておく必要があります。



また、取引先の信用力の調査は契約後も定期的に行われるため、場合によっては保証が撤回されるケースもあることも覚えておきましょう。

ファクタリングの意外な真実

subpage02

会社経営を始める人や店舗をオープンさせたい人など、それぞれ開業資金が必要不可欠です。貸し事務所を利用して会社経営を始める場合には、家賃の数か月分の保証料や前家賃、保証金などのお金が必要になりますし、お店を借りる場合も同じことがいえます。...

NEXT

ファクタリングの知りたい情報

subpage03

すぐに運営の資金が必要な場合に便利なのがファクタリングですが、このメリットは主にどのような点が挙げられるでしょうか。まず最短で即日にも現金化ができるというメリットがあり、急ぎで現金が必要な時には非常に有効な方法です。...

NEXT

ファクタリングの皆が知りたい情報

subpage04

企業等が事業に必要な資金を調達しようと考えて銀行に融資を申し込んでも、担保となる資産がないと審査に通るのはなかなか困難です。また、無担保のビジネスローンも過去の事業実績次第では、利用できないことがあります。...

NEXT

ファクタリングについて思うこと

subpage04

銀行の融資は金利が安いメリットがある反面、審査に時間を要することや必ずしも融資を受けることができないケースがあります。これに対して、ノンバンクのビジネスローンなどの場合は、審査が柔軟に行われるなどからも急いで事業資金を確保したいときなど便利な存在です。...

NEXT